どなたでも通いやすい医院を目指して、痛みの少ない治療を提供

当院では歯医者が苦手な人でも通いやすいように、痛みの少ない治療を提供しています。

痛みの少ない治療

「歯の治療はイタイ」「歯を削る時の音や感触がイヤ」という記憶や先入観がある方は、どうしても歯医者から遠ざかってしまいます。そのため、歯が痛くなってもギリギリまで我慢してしまい、結果的に身体的にも金銭的にも余計な負担が掛かってしまいます。

当院ではそのような患者さんでも通いやすく、負担の少ない治療をめざし、「痛みの少ない治療」を提供しています。

麻酔注入時も痛くならないよう圧を調整

痛みの少ない治療●注射の痛みを減らす表面麻酔
●電動注射器も用意
●痛みが少ない細い針を使用

基本的に、麻酔時は表面麻酔を必ずします。ゲル状タイプと、テープで貼るタイプの2種類ご用意しています。

表面麻酔後、麻酔が効きはじめるまで1分以上おき、33ゲージの一番細い針を使ってゆっくりと麻酔液を注入します。基本的には手動で行い、痛くならないように一定の圧でゆっくりと注入します。どうしても痛いという方のために、電動注射器もご用意しています。

【MI治療】できるだけ歯を削らない治療

MI治療当院では、なるべく歯を削らないMI(ミニマムインターベンション)を実践しています。MI(ミニマムインターベンション)とは「最小限の侵襲」と訳され、虫歯の部分だけを正確に削り取る治療法です。

一般的な虫歯治療では、予防のために健康な部分まで削り取る場合があります。また、状況によっては、神経を取ることもあります。これらの処置を行うのは、治療した歯が再び虫歯になったり、詰め物が外れたりするトラブルを避けるためです。

しかし、歯は一度削られると二度と元には戻りません。また、神経を取った歯は健康な歯に比べて歯質が弱くなります。MI(ミニマムインターベンション)治療なら、虫歯部分だけを慎重に削り、神経を取らずに治療することで歯の寿命を延ばすことができるのです。

●MI治療のメリット
・健康な歯をほとんど削らない
・神経を保存できる可能性が増す
・修理や修正が容易

【ドックスベストセメント】可能な限り神経を保存した治療

ドックスベストセメント当院では、できるだけ歯の神経を保存したいと考えています。神経を取ると痛みがでる可能性が高く、歯が折れやすくなってしまうからです。

そのため、当院ではドックスベストセメント(Doc's Best Cement)を採用しています。通常の治療では、虫歯の部分をすべて取るため大きく歯を削ります。しかし、ドックスベストセメントを使用すれば、ほとんど削り取る必要はありません。

神経まで達する深い虫歯の場合は、歯の中にある神経をすべて取って、取った後の部分に神経の代わりになるゴムの詰め物をします。歯の中に虫歯菌があった部分が残りますが、虫歯菌はドックスベストセメントで死んでいます。しっかり密封すれば、再び大きくなることはありません。

●ドックスベストセメントのメリット
・中等度の虫歯の場合、歯を削る量が非常に少ない
・大きな虫歯も神経を取らないで済む
・お子さんの若い永久歯の虫歯に最適
・治療回数が少ない(通常2~3回)
・薬ではないので、アレルギーのある方も安心して使用できる
・永続的な殺菌効果が期待できる

抜くのは最後の選択肢。抜かずに残すことを第一に考えます

痛みの少ない治療当院では基本的に歯を抜かない方向で治療を進めますが、どうしても残すのが難しいというケースもあります。そういうときは無理に残すことは考えず、患者さんにご納得いただいた上で抜歯することもあります。

もちろん、患者さんの希望を優先します。レントゲンなどを参考にしながらじっくり考えましょう。

治療前にしっかり内容を説明します

痛みの少ない治療抜歯に限らず、すべての治療は患者さんの了承のもとでおこなわれます。例えば、小さな虫歯の治療の場合でも、治療前に必ずレントゲンを見て、患者さんに「今日はここの虫歯を治療します」と説明し、承諾を得てから治療に入ります。

虫歯の進行状況によっては、神経の治療が必要な場合もありますが、十分に説明した上で神経を保存する方向で治療を進めます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております


PAGE TOP