麻酔注入時も痛くならないよう圧を調整

痛みの少ない治療●注射の痛みを減らす表面麻酔
●電動注射器も用意
●痛みが少ない細い針を使用

基本的に、麻酔時は表面麻酔を必ずします。ゲル状タイプと、テープで貼るタイプの2種類ご用意しています。

表面麻酔後、麻酔が効きはじめるまで1分以上おき、33ゲージの一番細い針を使ってゆっくりと麻酔液を注入します。基本的には手動で行い、痛くならないように一定の圧でゆっくりと注入します。どうしても痛いという方のために、電動注射器もご用意しています。


PAGE TOP