痛みの少ない治療だから歯医者が苦手な人でも安心です

虫歯は早く治療することで、治療時間も短くすることができます。痛くなってからではなく、ぜひ定期検診にお越しください。

一般歯科

「歯医者がキライだから、ガマンできなくなるまで放っておいた」

という患者さんに出会うことがよくあります。そんな方に、ぜひ当院の痛くない虫歯治療を知っていただきたいと思います。

当院では麻酔の際、細い麻酔針を用い、患者さんがほとんど痛みを感じないよう心がけています。また、歯ぐきに麻酔薬を塗ることで注射の痛みを和らげる表面麻酔を行うこともあります。

痛くない治療のための工夫

一般歯科●注射の痛みを減らす表面麻酔
●痛みが少ない細い針を使用
●電動注射器を用意

歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔を注射しますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるでしょう。当院では、麻酔のときは、表面麻酔を使用 し、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

さらに、一般的には麻酔で使う注射針の太さは30ゲージですが、当院では痛みが少ない極細の33ゲージの針を使用しています。麻酔の注入は基本的には手動で行いますが、痛くならないように一定の圧でゆっくりと注入します。どうしても痛いという方のために、電動注射器もご用意しています。

できるだけ歯を削らない治療~MI治療

MI治療●健康な歯をほとんど削らない
●神経を保存できる可能性が増す
●修理や修正が容易

MI(ミニマルインターベンション)とは虫歯の部分だけを正確に削り取る治療法です。「最小限の侵襲」と訳されます。

歯は一度削られると二度と再生できません。また、神経を取った歯は健康な歯に比べて歯質が弱くなります。当院では通常の治療でも常に少ない削除量を心がけています。少ない削除量で歯の負担を減らし、神経を取らずに治療することで長く自然の歯を残すことができるのです。

ミネラルで虫歯を殺菌~ドックスベストセメント

ドックスベストセメント当院ではMI治療の一つとして、ドックスベストセメント(Doc's Best Cements)という、ミネラルで殺菌し歯の削る量を減らす治療法を導入しています。

●ドックスベストセメントのメリット
・中等度の虫歯の場合、歯を削る量が非常に少ない
・大きな虫歯も神経を取らないで済む
・お子さんの若い永久歯の虫歯に最適
・治療回数が少ない(通常2~3回)
・薬ではないので、アレルギーのある方も安心して使用できる
・永続的な除菌効果が期待できる

歯を抜くことに対する当院の考え方

一般歯科歯を抜かない治療は、患者さんにとって理想的です。しかし、抜くべき歯を残すことで、歯周病の場合は隣りの歯に影響を及ぼすことも考えられますし、インプラントや入れ歯がグラグラすることも考えられます。

ですから、歯を抜く必要があるときには、必ずどうして抜くのかを丁寧に説明させていただきます。そして、ご納得いただいた上で治療をスタートします。当院では将来、どれぐらいの歯を残しておけるかが重要だと考えています。

治療前のコミュニケーションに重きを置きます

一般歯科抜歯に限らず、コミュニケーションを通じて、患者さんがどのような治療を求めているかを見極めることが大切だと考えます。たとえ、それが理想的な治療でない場合でも、患者さんの気持ちを優先することに重きを置きます。

患者さんの気持ちに沿いながらも最善の治療を提供することが、私たち歯科医師の役目だと考えています。

殺菌効果が高いオゾン水を使用

オゾン水を使用当院では精製水からオゾン水をつくる機械を完備し、治療の際、殺菌効果が高いオゾン水を使用しています。

オゾン水は一般治療のほか、インプラント手術や歯周病のスケーリング、炎症の治療の消毒にオゾン水を使うと効果的です。インプラントの外科的な手術や歯周病の処置においては、消毒にも使用できます。

うがいには、AP水を使用

AP水を使用当院ではユニットに座った時にコップを出してAP水を入れ、一度うがいをしていただいてから治療に入るスタイルをとっています。当院では次亜塩素酸の濃度の薄いAP水を使用していますが、殺菌効果は十分期待できます。

AP水は金属に触れると効果がなくなるので、プラスチック系の容器に入れて提供します。プールに入った時のような塩素の匂いや味が若干しますが、当然、体への害はありません。

虫歯の進行とその治療方法について

虫歯にはその状態によってCOからC4まであります。それぞれ治療方法が違うため、まずは検査を受けることをオススメします。

CO(Caries Observationシーオー:初期虫歯)CO
歯表面が溶け始めている初期段階です。虫歯特有の黒くなったり、穴があいている状態はありません。この状態であれば、削らない治療が可能です。フッ素入りの歯みがき粉を使って歯みがきをしっかり行なえば、溶けた表面を再石灰化させることも可能です。

C1C1(エナメル質う触)
歯の表面を覆っているエナメル質が溶けてしまい、小さな穴ができた状態です。象牙質まで達していないので痛みはありません。虫歯の部分を必要最小限だけ削りとり、保険適用内の白い詰め物をします。

C2C2(象牙質う触)
エナメル質が溶けきり、下層の象牙質まで虫歯が進んでいます。冷たいものや甘いものがしみることもあるでしょう。虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をして終わりですが、深部にまで広がっている場合は患部を削り、型取りをして詰め物を製作します。

C3C3(神経まで達したう触)
虫歯が神経まで達しています。激しい痛みを感じます。神経が死んでしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。麻酔をして、傷ついたり死んでしまった神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

C4C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなっています。根だけが残っている状態です。治療できる歯質が残っていれば、C3と同じように根管治療を行ってから、被せ物をします。症状によっては、歯を抜かなければならないことがあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております


PAGE TOP