怖がるうちは治療しません。まずは、慣れることから

お子さんの治療の場合は保護者の方と連携をとりながら、少しずつ治療を進めていきます。

小児歯科

怖がるお子さんを無理やり抑えつけて治療することはありません。お子さんによっていろんなパターンがありますが、年令が小さくてできない場合もあれば、他の医院でちょっと怖い思いをしてできない場合もあります。また、男の先生だからダメという女の子もいます。

怖いというよりも、男の先生にはイヤだけど、女の人は良いというお子さんの場合は、ひとまず衛生士に任せることにしています。衛生士が簡単な歯のクリーニングやフッ素塗布を行ない、医院の雰囲気に慣れることからはじめていただきます。

慣れたら次は、治療を受ける練習
お子さんにも、「ここに来たら安心、大丈夫だ」という気持ちになってもらうためには、衛生士に少し預けて、月に1回でもクリーニングに通っていただくことが大切だと考えています。本当に治療ができないお子さんには、歯みがきしてあげることから始めます。

また、小さいお子さんには、必ず削る練習をします。バキュームを口に入れたりしながら、治療になれる練習をおこないます。基本的には焦らず、少しずつ段階を追って治療をしていきます。

お子さんには保護者の方に同伴してもらうこともあります

小児歯科小さいお子さんを治療する場合、ユニットには保護者の方にも一緒に入っていただきます。

2歳くらいのお子さんは膝の上に抱っこしてもらいます。3歳くらいになって一人で治療できるようになると、保護者の方にはチェア近くに座ってお待ちいただきます。また、幼稚園が終わって小学生になるころには、一人で治療するようになります。保護者の方には待合室で待っていただきます。

治療が終わって必要があれば、保護者の方にはドクターが直接説明します。スタッフの説明で十分足りるときには、スタッフに待合室へお子さんと一緒に行ってもらって、今日はこういうことをしました、と伝えて終わります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております


PAGE TOP