体に負担をかけない、安心・安全なインプラント治療が信条です

当院で行ったインプラント治療は、きちんと定期検診に来院している患者さんの場合、100%の成功率となっております。安心してご相談ください。

インプラント治療

当院では患者さんの安心・安全を第一に考えたインプラント治療を提供しています。骨の少ない所に増骨治療をしなくてもインプラントができるよう、できるだけ患者さんに負担がかからない治療を行っています。

院長は、世界最大のインプラントロジストの学会であるICOI(国際インプラント学士会)会員であり、ICOI認定のFellowの称号も取得しています。また、国際審美学会会員でもあるほか、大口式インプラントを導入し、安全かつ長期的に長持ちするようなシステムを採用しております。

【大口式インプラント】なるべく骨を削らない術式

インプラント治療大口式は、骨を造成するのではなく、骨をドリルで削らず、骨に小さな穴をあけてオーギュメーターという専用の器具で少しずつ穴を広げてから、インプラントを入れるようになります。そのため、患者さんにとって負担が少ないのが特徴です。また、大口式の場合、骨を削る量が従来よりも少ないため、術中の出血や痛み、術後のはれが少なくてすみます。

●大口式インプラントのメリット
・骨を削らないので、出血が少なく、身体に負担がかからない
・ドリルの音や振動がないため、心理的に安心できる
・手術回数が少なくて済む
・骨の吸着力が強く、インプラントが固定しやすい
・高血圧・骨そしょう症の方でも埋入できる

インプラント治療後の予防について

インプラント治療インプラントの患者さんには治療後、インプラントケアを行います。インプラントは治療後のケアが重要で、もし怠るようなことがあればせっかく治療で手にいれた歯が台無しになることもあります。最低でも半年に一回検診をしてクリーニングをしていきます。

インプラケア/IMPLA CARE
インプラケアは「歯周病治療」の際や「インプラント治療後のメインテナンス」のために開発された専用の歯磨剤です。漢方の生薬であるマスティック樹脂、グレープフルーツ種子エキス、ハス、鶏血藤などを主成分として配合されており、歯肉の血行を良くし、骨の吸収を抑え、歯周細菌の殺菌効果に優れております。

インプラント治療の方法

インプラント治療インプラント治療には、一回法と二回法の二種類があります。 その違いは、歯肉を切開する手術を一回行うか、二回行うかという点です。アバットメント(被せ物とのインプラントの接続部分)を1次手術で取り付けるものが一回法で、2次手術で取り付けるものが二回法です。

患者さんには一回法、二回法のメリットとデメリットをお話し、選択していただきます。

●一回法のメリット・デメリット
・歯肉の切開は一度だけなので、患者さんへの負担が軽い
・手術時間を短縮することが可能
・インプラントを埋め込むあごの骨がしっかりとある必要がある
・骨移植や骨再生を併用する場合、二回法より感染のリスクが高い

●二回法のメリット・デメリット
・歯肉の切開を2度行う必要があるため、一回法より患者さんへの負担が大きい
・ほとんどすべてのケースで適用できる
・歯肉を閉じてしっかりと治癒期間を待つため、感染の可能性が低い

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております


PAGE TOP