虫歯の進行とその治療方法について

虫歯にはその状態によってCOからC4まであります。それぞれ治療方法が違うため、まずは検査を受けることをオススメします。

CO(Caries Observationシーオー:初期虫歯)CO
歯表面が溶け始めている初期段階です。虫歯特有の黒くなったり、穴があいている状態はありません。この状態であれば、削らない治療が可能です。フッ素入りの歯みがき粉を使って歯みがきをしっかり行なえば、溶けた表面を再石灰化させることも可能です。

C1C1(エナメル質う触)
歯の表面を覆っているエナメル質が溶けてしまい、小さな穴ができた状態です。象牙質まで達していないので痛みはありません。虫歯の部分を必要最小限だけ削りとり、保険適用内の白い詰め物をします。

C2C2(象牙質う触)
エナメル質が溶けきり、下層の象牙質まで虫歯が進んでいます。冷たいものや甘いものがしみることもあるでしょう。虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をして終わりですが、深部にまで広がっている場合は患部を削り、型取りをして詰め物を製作します。

C3C3(神経まで達したう触)
虫歯が神経まで達しています。激しい痛みを感じます。神経が死んでしまうと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。麻酔をして、傷ついたり死んでしまった神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

C4C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなっています。根だけが残っている状態です。治療できる歯質が残っていれば、C3と同じように根管治療を行ってから、被せ物をします。症状によっては、歯を抜かなければならないことがあります。


PAGE TOP