歯を抜くことに対する当院の考え方

一般歯科歯を抜かない治療は、患者さんにとって理想的です。しかし、抜くべき歯を残すことで、歯周病の場合は隣りの歯に影響を及ぼすことも考えられますし、インプラントや入れ歯がグラグラすることも考えられます。

ですから、歯を抜く必要があるときには、必ずどうして抜くのかを丁寧に説明させていただきます。そして、ご納得いただいた上で治療をスタートします。当院では将来、どれぐらいの歯を残しておけるかが重要だと考えています。


PAGE TOP