痛くない治療のための工夫

一般歯科●注射の痛みを減らす表面麻酔
●痛みが少ない細い針を使用
●電動注射器を用意

歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔を注射しますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるでしょう。当院では、麻酔のときは、表面麻酔を使用 し、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

さらに、一般的には麻酔で使う注射針の太さは30ゲージですが、当院では痛みが少ない極細の33ゲージの針を使用しています。麻酔の注入は基本的には手動で行いますが、痛くならないように一定の圧でゆっくりと注入します。どうしても痛いという方のために、電動注射器もご用意しています。


PAGE TOP