お子さんには保護者の方に同伴してもらうこともあります

小児歯科小さいお子さんを治療する場合、ユニットには保護者の方にも一緒に入っていただきます。

2歳くらいのお子さんは膝の上に抱っこしてもらいます。3歳くらいになって一人で治療できるようになると、保護者の方にはチェア近くに座ってお待ちいただきます。また、幼稚園が終わって小学生になるころには、一人で治療するようになります。保護者の方には待合室で待っていただきます。

治療が終わって必要があれば、保護者の方にはドクターが直接説明します。スタッフの説明で十分足りるときには、スタッフに待合室へお子さんと一緒に行ってもらって、今日はこういうことをしました、と伝えて終わります。


PAGE TOP