ブラッシングから始める健康的な生活

口の中をきれいに保つことが肝心!
予防歯科歯周病だけでなく、虫歯の状態、歯の残っている状態、欠損が放置しているままの状態、咬合の乱れなどに関しても、きちんと治療を行ないます。いい状態で噛むためには、まずお口の中をきれいにすることが何か薬を飲むよりも一番大事なのです。

また、歯は自分では磨いているつもりでも、虫歯や歯周病が進行している場合があります。自覚のない場合には、きちんとレントゲンを撮って状況を説明し、歯周ポケットの検査も行ないます。

ブラッシングで血液循環を活性化!
口の中の炎症の原因をとりのぞき、歯ぐきの血液循環をよくするにはブラッシングが効果的です。ブラッシングで歯ぐきをマッサージすることによって血行を促し、炎症をおさえます。

また、特に30代で喫煙傾向のある方は、10年20年後には必ず歯周病が進行します。タバコが血液循環を滞らせる原因となるのです。血液がうまく循環していることが健康のひとつのバロメーターです。歯周病のみならず、体全体の健康のためにもしっかりブラッシングを行ないましょう。


PAGE TOP