【プレ・ママ(妊婦さん)向けの検診】妊娠期からの虫歯予防をオススメします

当院ではプレ・ママ(妊婦さん)を対象にした検診を実施しています。

予防歯科お口の中の衛生状態が健康のバロメーターとなり、悪い状態が続くと病気の原因になることは知られています。まれですが、虫歯が全身の感染症を招くこともあります。

とはいえ、妊娠中の歯の治療は、お腹への刺激や服薬の影響など心配がつきません。当院ではお腹に影響しない範囲で診査・治療を行い、出産に臨むその日まで、健康的な口腔環境を保っていただけるようにケアします。

自分自身の健康のみならず、大切な赤ちゃんの健康を維持するためにも、お口の中のケアはしっかり行いましょう。

予防はマイナス1歳から始まっています
お母さんの虫歯菌が子どもに感染する母子感染が問題になっています。妊娠期の今、ご自身の「歯と口の健康」に関心を持ち、知識をつけることが、生まれてくるお子さんの将来のためになります。お母さんのお口の中を清潔にして、赤ちゃんの歯と健康を守りましょう。妊娠期の母親の口腔ケアから、お子さんへの虫歯予防をスタートさせましょう。

赤ちゃんにもメインテナンスが重要です
初めての歯医者さんが「痛くなってから」にならないために、歯が生えたときからきちんとケアしてあげましょう。大切な赤ちゃんの歯を守るために、大切な費用と時間をかけてあげてください。


PAGE TOP