いびきは、どうしてかくの?

睡眠時無呼吸症候群いびきのメカニズムとは
いびきはどうして起こるのでしょうか。いびきは、「上気道」と呼ばれる鼻腔から喉頭までの空気の通り道のどこかが、なんらかの理由で狭められたことでおこります。上気道が狭められると、呼吸したときの空気抵抗が大きくなり、粘膜や分泌物が振動してしまうからです。この振動音が、いびきの正体です。

いびきによって、さまざまな疾患を引き起こす可能性があります
気道が狭められれば、当然、空気も十分に通りません。酸素不足は脳の働きに悪い影響をおよぼし、集中力が落ちたり、記憶力が低下したりするほか、ひどくなれば脳卒中や脳梗塞の原因にもなります。

また、体内の酵素が不足して二酸化炭素が増加すると、血液が酸性に傾き、血中のブドウ糖の量を調整しているインスリンの分泌が悪くなります。これは糖尿病の第一歩です。循環器や呼吸器にも負担をかけるので、高血圧症や不整脈、心筋梗塞、心不全、また最悪の場合には突然死を招くこともあります。


PAGE TOP