スリープスプリントの効果、特徴

睡眠時無呼吸症候群体にやさしい保存療法
スリープスプリントは寝るときに口に装着するだけで、すぐに治療がスタートできます。そのため、外科的治療のように体に傷をつけることがありません。また、薬物療法のように副作用の心配もない、安全で体に優しい治療法です。

弊害がありません
睡眠時無呼吸症候群の治療では、大きな装置を使ったり、操作が難しかったりするものですが、スリープスプリントではそういうことが一切ありません。マスク療法の場合はのどが乾燥しますが、そういう弊害もありません。

携帯に便利
スリープスプリントは、時と場所を選びません。口に入る大きさですから携帯もしやすく、旅行などにも持ち歩くことができます。また、口の中に入っているので、同室の人にいびき治療を気づかれることもありません。

比較的安価である
スリープスプリントは手術やマスク療法に比べて、非常に安価です。マスク療法は、いびき症には保険適応ではありませんので、装置に数十万円かかりますが、スリープスプリントは2004年4月から「医科で睡眠時無呼吸症と診断され紹介された歯科医院」に限って健康保険の適応になりました。

●こんな方はスリープスプリントが合いません
残念ながらスリープスプリントは、あらゆる方に適応するわけではありません。次のような方には、スリープスプリントによる治療は効果が望めません。

1、自分の歯が20本未満の方
スリープスプリントはご自分の歯に固定します。そのため、残っている歯が少ないと治療ができません。

2、歯周病のひどい方
歯周病がひどければ、いくら歯が残っていても治療ができません。また、インプラントの周りの骨が少なくなっている人にもできません。

3、アゴが前方に8ミリ以上移動できない方
スリープスプリントは気道を広げるためにアゴを前方に移動させます。そのため、少なくとも8ミリくらい前に出せる人でないとアゴが痛くて入れていられません。

4、顎関節に異常がある方
下アゴを治療によって前に引き出すため、アゴに異常がある場合は、なんらかの障害が起こる可能性があります。使用はおすすめできません。

5、鼻づまりがひどく、鼻呼吸が十分にできない方
スリープスプリントは口を開けている状態では効果がありません。そのため、十分な鼻呼吸ができない方にはおすすめできません。

6、寝つきが悪く、神経質な方
スリープスプリントを入れることで過敏になり、違和感をもち、寝ることもできなくなってしまう人には、適切な治療が行えません。

7、扁桃の肥大が著しい方や、口蓋垂が大きい方
まずは耳鼻咽喉科で外科的な処置を受けてください。それでもいびきや無呼吸が改善されない場合は、スリープスプリントによる治療を受けましょう。

8、18歳未満の方
18歳未満の方の場合は、アゴが発達途上です。アゴの発育にあわせて2~3か月に一度、調整や再製作の必要があります。


PAGE TOP