人の健康を手助けする仕事がしたかったんです

院長あいさつ高校生で進路を決めたとき、直接人の役に立つ仕事につきたいと思っていました。父は公務員で普通の家庭でしたが、直接自分が行ったことに対して喜ばれる職業に就きたいと思っていました。そんな中、興味をもったのが医療の世界です。

歯医者になってみて、コツコツ打ち込めるスタイルは自分にあっている仕事だと感じています。お口の健康をよりよい状態にすることが自分の使命だと思います。お口の健康を増進することが全身の健康を増進する、と信じていますので、ある意味お医者さんよりも大事なところを扱っているのものと思います。人の健康に直接関わり、自分が関与したことでお口の状態が良くなっていくのを見ていると、歯医者という選択肢は間違っていなかったと思っています。


PAGE TOP