お口の中をトータルで治したい

院長あいさつ大学では「一口腔単位(トータル)」で患者さんを治療することを教わりました。大学卒業後は、先輩の開業医で7年間勤務医として研鑽を積みました。開業にあたっては、地道にやっていきたいという想いから、新しい団地のこの地を選びました。開業後、一般歯科を中心に診療にあたっておりましたが、団地ということで子どもも多く、歯並びの治療は矯正専門医へ紹介しておりました。

しかしながら患者さんから「ここでやってくれないの?」という声もたびたび聞かされ、歯並びも虫歯もトータルで診てあげられたらと思うようになり、まず、矯正の勉強をしました。その後少しずつ良いと思われる治療を学び、日々の臨床に活かしております。「患者さんにできる限り負担がかからない、やさしい治療」を目指しています。

また、常に最先端の治療を提供したいという想いから、時間が許す限りセミナーに参加し、最新の知識と技術を吸収する努力を続けています。最先端とは何かという線引きは難しいものがありますが、日本全国で良いと思われている医療はすべて取り入れて提供したいと思っています。

インプラントもミラクルデンチャーも、お口の健康をよみがえらせる手段でしかありません。歯が欠けたり抜けたりしたときは、患者さんの希望を伺いながら、保険・自費を問わず、治療メニューの中から最善のものをご提案します。そのために、新しい技術をどんどん取り入れ、提供していきたいと思っています。


PAGE TOP